makoの毎日子育て&考えてること日記


by my1155
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:job( 2 )

物申す!!

本日は、旦那さんとあーちゃんと3人でなんとなくぶらぶらしました。

朝起きたら、ずいぶん曇っていたので、ピクニック2日目はなし。。。と
思っていたら、だんだんお天気に。

早いお昼、あーちゃんも離乳食をもぐもぐ。(始めたばかりだけれども
よく食べるんです!!自分から口をあけるんです!これは優秀)

3人でご飯を食べ終えて、再び昨日もいった秋が瀬公園へ。
今日は、手前の広場に。そしたら、ずいぶん奥行きのある広場で
たっくさんのファミリーがバーべキューをしてました。
旦那さんとあーちゃんがもう少し大きくなったら来ようねと話して
大宮へ。

あーちゃんを抱っこして肩からかけられるかばんを購入するため。
ついでにそのかばんは旦那さんも使えるようにと、ちょっとお高いけれども
フェリージのバックを購入しました。(写真は後日★)


で、題名にある物申すことは。。。
大宮で就職活動中らしき学生の軍団を見て、思ったこと。

就職活動も転職活動も、みんな女子は必ず言うのが
「結婚しても出産しても、働けるところがいいんです」っていうけれども
自分は結婚して、出産してみて。。。
「そんな甘くはないぜ」と言いたい。
と、
「そんな都合よくは行かないぜ」と言いたい。

結婚したら、ある程度は無理しても働けますよ。
それはあんた次第だよ。と思う。
でも出産したら、それはあんた次第って訳にはいかない。

1)自分のやる気。体力。
2)子供の気持ち。
3)旦那さんの大きな理解。
4)周囲の手助け。
5)金銭面。
6)保育所の確保。
って、結構クリアすることはありますよ。

今の私としては、1)の体力が追いついてませんが・・・
6)も今のご時世難しいよ・・・
3)の旦那さんの理解って結構大変なものよ。うちはその点
大きな気持ちで受け止めてくれてますよ。
2)は親がいなくとも子は育つけれどもね。

っていうわけで、学生も転職活動中の人も、女子はみんな口を揃えて
「結婚しても、出産しても働ける会社が!」っていうけれども
会社がどうこうしてくれるんじゃなくて、自分がどうしたいか?どうできるか?
ってことです。

自分が経験してよーくわかった。

というわけで、物申したい気分になったわけでした。

明日は、お友達が来るよー。
お昼は何か作ろうと思います!
[PR]
by my1155 | 2009-04-12 22:31 | job
仕事も休みに入り、今日は特別何もない一日です。
本を読みまくっていた1週間前と相反して、今日はなんとなく
暑さゆえにやる気のないゆるーい一日になってしまいました。

旦那様も、今日は飲みに出かけるらしく、夕飯も一人DAYです。

と、こういう日でないと、自分の考えをまとめることができないので
じっくりパソコンと向き合ってみることにしました。

仕事(働くこと)について考えてみました。

大学卒業後、化粧品会社に入りたいと必死になって行った
就職活動から、早9年近くが経過しています。
営業がやりたくて、たくさんの会社を受けたけれども、
結局、女子大生(女子大の)だったその当時は、なかなか
営業での就職は勢いと活動が必要でした。
他の大学の就職課に相談しにいくこともありました。

その努力あってか、念願の化粧品会社に勤務できたわけですが
その時、私が就職活動で何を考えていったのかを振り返ってみようと・・・

というのは、キャリアアドバイザーをしていて、多くのお客様と話を
した時に「大学卒業してどうしてこの1社目に入社したのですか?」
と質問すると、大体の方が「なんとなく」「その時は何も考えてなかった」
「就職氷河期だったから」という回答が半数以上でした。

転職する人は、いい意味の人もいれば、悪い意味の人もいる。
その時の社会情勢や自分自身の気持ちのあり方で、変化があるので
最初に思った通りにいくとは限らないでしょう。

でも。。。自分の一生がある意味かかっている就職活動の時に
どうして、なんとなく、その時は何も考えてなかったって
簡単に言えてしまうのか。。。とても不思議に思っていました。

振り返ってみれば、「自己分析」「自分を知ること」なのだと思っています。
自分は何が得意で、何が不得手で、何にやりがいを感じ、
何を身につけたいのか。
自分が何を目指し、何になりたいのか。
目指す像は何なのか。

全て自分が求めるものだったり、どうやって社会に貢献したいのか
という「自分の考え」だと思います。

それを全く不明確のまま、会社に入ってしまえば、当然先も見えない。
何をしたかったのか分からない。会社の言われるまま。
会社が傾けば、会社のせい。社会のせい。
これは全て根源は自分の中にあるのだと思っています。

もちろん最初は確固たる信念を持ってスタートを切った人も
多いと思うのですが、忘れてはいけないのは、、、、、

「社会も会社も自分も変わる」ということです。
情報が10年前に比べれば淘汰されるのがずいぶん早くなった
昨今では、変化に対応し、常に考えて「自分」と向き合うこと
そして「周囲に目を配り、アンテナを張ること」
を怠ると、気づいた時にはどんどん置いていかれてしまいます。

新卒の就職活動のみならず、転職においても、やっぱり大切なことだと
思います。でも、みんな目先の仕事に追われてしまう。
常に自分と向き合う癖をつけておくことは大切だなぁと痛感しました。

というわけで、私の9年前に思い描いたことは、実は常に根幹に
あるので、新卒の時と全く変わっていないのです。
もちろん進化はしていますが、ゆるぎない自分の根幹。
「人をきれいにして、人に自信と夢と元気を与えること」
この考えを、自分の手で形にしたいと思っているわけです。

そんなわけで、今読んでいる本と次読む本と、並べて
「考える癖」をつけておこうと思うのでした。。。。

b0157250_16493187.jpg

[PR]
by my1155 | 2008-07-21 16:49 | job