広島市長の育休

ニュース見た方は、ご存知の最近の話題、イクメンについて。

皆さんはどう思いますか?

我が家も、旦那はあーちゃんと遊ぶのは大好きですが、いわゆるイクメンというには、遊び担当のみで、育児と大きく括るには、? かなと思ってます。
少なからずとも、妻に預けっぱなしで、私はノータッチ、ではなく、育児に積極的に参加しようと思う姿勢が大事だと思ってます。

やはり母親に代わる存在はなかなか難しい場面もあります。でも男性だってできることがあります。

一緒に子育てに関わる。一緒に考えて育てる。一緒に親として成長する。
これが育児かな?と最近思ってます。


広島市長の試みは、表面的にみればすばらしいように見えますが、実態は私はおかしいと感じています。
市長が積極的に育休をとった。だから、育児に最高に優しい街広島と掲げている。
しかし、広島市長のとった育児休暇は3日です。
有休?!
私はびっくりしました。

3日で、育児を語るなかれ!

母親の毎日、1年2年、、、バカにしてると感じました。
市長のパフォーマンスに過ぎないと。

有休と言っていただきたい。有休で育児に触れてみたと。

育児休暇をとり、会社に戻りにくいと感じている男性は、育児してましたと胸を張れることではないて認識しているからでしょう。
なら、取るべきではない。
育児の大変さを知ってるから、働く女性は育休明けも、試行錯誤しながら堂々と働きます。

社会的に主婦業の重みがまだ認知されてないし、されないような行動や言動を女性がとる現実もあり、結果、低い位置づけから脱却できないならば、育休も取る取らないを論ずるべきではないのでは??

なんて、感じました。

取ると収入が減る、だから行政になんとかしてほしい、
なんて言ってる人もいますが、ならば片方が働くまで。
そんなの、家族でどちらが柱になるか考えるべきで。夫婦で育児するなら収入が減るのは当たり前。

なんでも国に頼って、もしなんかの給付が出たら、それ税金ですから!

と、今日のバンキシャを見て、熱くなった、私でした。
[PR]
by my1155 | 2010-11-07 22:27